美白・美肌に効果的な治療方法
【高濃度ビタミンC点滴】

gdmクリニックではアメリカから輸入したMerit社のビタミンC点滴を行っています。Merit社のビタミンC点滴を行っているクリニックは日本でもごくわずかです。1回に点滴する量は25gもしくは50gです。多くの女性がアンチエイジングや健康維持のために点滴に通われています。Merit社のビタミンCは保存料無添加で安全ですし、高容量かつ分子構造が特殊なため、メラニン抑制・コラーゲン産生作用が強力で美白・美肌効果は絶大です。アンチエイジングサプリメントと組み合わせるとさらに効果的です。

ニンニク注射の中身

ニンニク注射はプロ野球の清原選手がうっていることで有名になりましたが、ニンニクエキスなど入っておらず、ビタミンB・Cが少量含まれているだけです。注射の中に一部アルコール成分が含まれているため、注射をするとアルコールの作用でカーッと体が熱くなり効いた気がするだけです。非科学的なネーミングの注射で金額に見合う効果は期待できないと思います。

ビタミンは注射をしてすぐ効くわけではなく、肝臓に入り補酵素をいう形に修飾されて初めて効果を発揮するのです。分子整合栄養医からすれば、ニンニク注射をしている医師はビタミンなどの栄養素について知識がない不勉強な医師と思います。

ニンニク注射をするよりもgdmクリニックが推奨するサプリメントを毎日内服する方が、はるかに含有量が多いので効果が期待できます。サッカーや野球の選手もニンニク注射などせずに、分子整合栄養医学に基づいて栄養アプローチをきちんと受けたほうが良い成績を残せます。

コラーゲン

コラーゲン入りのドリンクやサプリメントをせっせと飲まれている方が多いようですが、分子整合栄養医学的にはあまりおすすめしません。コラーゲンは飲んでも、胃酸で消化されるのでそのままお肌のコラーゲンとして利用されるわけではありません。胃にピロリ菌が感染している人やストレスの多い方は、胃酸の分泌が低下しており、コラーゲンをきちんと消化できないまま便として排泄している可能性もあります。

コラーゲンは、タン白質(アミノ酸)と鉄とビタミンCを材料として体内で合成されるので、良質のアミノ酸・ビタミンC・ヘム鉄をセットで摂取したほうが効率的なのです。尚、粗悪なコラーゲンを飲むとアレルギーなどを起こす場合もありますので注意してください。

ビタミンCの抗ガン・抗炎症効果

ビタミンCの高濃度点滴は美容以外にも使われます。1回の点滴でVCを50~75g点滴して血中濃度を400mg/dl以上にすると抗ガン作用が期待できます。しかも抗ガン剤のような副作用はなく、ガン細胞のみ攻撃してくれるのです。

アメリカでは1万人以上の医師が、ガンの治療にビタミンC点滴を実施しています。先ほども書きましたが尿酸値の低い方は、抗酸化力が低いのでガンや痴呆症にかかりやすくなりますので、ビタミンC点滴をされることをお勧めします。またインフルエンザなどの感染症や関節リウマチなどの炎症性疾患に対してもビタミンCは有効です。

VC点滴の流れ

1. 電話でご予約をおとりください。TEL:078‐393‐0113

2. 初回のみG6PD検査を行います。結果が判明するのに数日かかりますので、初回から点滴をご希望の場合はビタミンC12.5gの点滴になります。G6PD酵素がちゃんとあると判明してからビタミンC25g点滴を行います。尚、ビタミンC25gの点滴の所要時間は1時間前後です。

3. ビタミンC50gをご希望の場合、25g点滴を2回以上してから50gに増量させていただきます。

ページの先頭に戻る

クリニック紹介

名称 gdm clinic
所在地 岡山市北区下中野356-101 スプレンドーレ下中野1階A
院長 森谷 宜朋
診療科目 皮膚科・内科
受付時間 9:00~12:30 / 15:00~18:00
(土曜は9:00~12:30のみ)
休診日 日曜、祝日
電話 086−239−9541
<完全予約制>
E-mail info@gdm-eiyo-clinic.com

院長紹介

院長

森谷 宜朋(もりや よしとも)
出身校:岡山大学医学部
勤務略歴:岡山大学付属病院、岡山赤十字病院、福山第一病院、国立福山病院、井原市立井原市民病院etc.

診療案内

ニキビ
アンチエイジング
高濃度ビタミンC点滴
プラセンタ注射
ピーリング・イオン導入



妊娠体質になりたい人は、肉をたべなさい。

肉食女子の肌はなぜきれいなのか?

美容液 Refee SERUM